東京 プレス・オールターナティブ(第3世界ショップ)

レス・オールターナティブの使命

フェアトレードの第3世界ショップの母体である株式会社プレス・オールターナティブ。
問題解決型事業を行う民間組織です。


わたしたちの使命は、

市民の手で
地域・社会の問題解決をすること
問題解決を通して、社会を変えること
 

社会の問題解決というと、なんだか大それた感じがしますが、つまりは、地域や社会の問題を発見し、「解」となる新しい社会システムを提案する、問題解決型事業を行う民間組織です。フェアトレードも、その「解」のひとつなのです。 

 

プレス・オールターナティブと第3世界ショップ 

設立当初、そのミッションに賛同した7人の若者が、創始者である片岡勝のもとに集まりました。全員で出資をして、1985年に会社を設立しました。
「プレス・オールターナティブ」とは、「これまでのものにとって変わる新しい通信社」という意味です。
市民発で、もうひとつの新しい社会モデルづくりとなる海外や国内の先進事例等の情報提供したり、日本発の同様の情報を海外の団体へ発信したりということをやって、社会を変えようとしていたのです。当時、海外1,000余りの団体と機関誌交換を行っていました。しかし、冊子を発行し、情報を発信・受信するだけで社会が変わるわけがありません。ましてやお金にならない。ほどなくして、資本金を食いつぶしてしまう状況になりました。

そこで、それぞれ7人が得意なことで食いぶちを稼いできて、稼ぎを全部差し出して、それを7人平等に分けるというやり方で食いつなぐことになったのです。
勉強が得意なものは家庭教師、肉体派は徹夜での印刷仕事、Tシャツ、バッヂ作りなど。

危機的状況をなんとか回避したPAは、1985年12月、片岡が北欧でフェアトレードに出会い、フェアトレードの第3世界ショップをスタートさせたのでした。 

 

 

 

 

 

 

 

第3世界ショップは、貧困とそれによってもたらされる世界の諸問題を仕事創り で解決しようと、1986年にフェアトレード事業を始めまし た。 その過程で 見えてきたのは、地域の過疎化、高齢化、後継者難、伝統的な文化や技術喪失と いった国内と共通の問題です。現在は国内外を問わず、「地域の困った!の声 を、地域の人たちと一緒に事業化することで問題を解決する」コミュニティート レードへと活動の場を広げ、安心社会を作っています。 

 

第三世界ショップHP    http://www.p-alt.co.jp/